1 医療事故に遭ったらどうすればいいか

結果が悪いから過失ありとは限りません。

なるだけ心を落ち着かせ,事故原因と治療経過について,医師から説明を受け,カルテの写しを請求します。
原因が明確でない死亡事故の場合は病理解剖を要望します。
早期に医療事故に詳しい弁護士に相談し,解決のための作戦を立ててもらい,医療機関側と話し合いましょう。
医療機関側に過失があると判断できる場合は,損害賠償額を弁護士に算定してもらい,示談交渉を行い,示談解決できなければ,民事訴訟へと進みます。
刑事告訴する場合もあります。民事と刑事をどうリンクさせるかは,弁護士の実務経験がものを言います。
事実関係が明らかになってきたら,どの段階で気持ちの区切りを付けるかを考えます。お金でも謝罪でも被害は完全には戻らないので,果てしない責任追及に陥らないよう,どこで気持ちの区切りを付けるかを決めておくことが賢明です。



TOP医療事故の基礎知識 医療事故の解決に要する費用と賠償額 医療事故解決の実例 Q&Aリンクサイトマップサイトポリシーお問い合わせ


Copyright(C)2014 大阪の医療事故(医療過誤)弁護士緑風法律事務所 All rights reserved