医療事故解決までの一般的な流れ

全体の流れ  相談→基礎調査(必要に応じて、証拠保全)→示談交渉→民事訴訟、別に刑事告訴

◇ご相談(1回~数回)

◇基礎調査の受任、基礎調査として行うこと

カルテの検討、医療文献検討・判例調査(ネット、大学図書館、有料検索サービス)

協力医確保、協力医への検討依頼、面談

協力医による必要に応じて実名意見書の作成の依頼、作成サポート

損害賠償請求額の算定

→以上の調査結果の報告

◇証拠保全(必要に応じて)

◇示談交渉→解決、示談不成立の場合、解決断念又は訴訟準備

◇民事訴訟

◇刑事告訴(民事訴訟とは別に、並行して進行)、

★刑事告訴ができるのは、ごく一部の事案に限られます。私の場合、過去に2件だけ、刑事告訴し、いずれも受理されました。

 

 

 

 

 




TOP医療事故の基礎知識 医療事故の解決に要する費用と賠償額 医療事故解決の実例 Q&Aリンクサイトマップサイトポリシーお問い合わせ


Copyright(C)2014 大阪の医療事故(医療過誤)弁護士緑風法律事務所 All rights reserved