新着情報

 医療事故インフォメーション

解決実績

ご相談の方から質問を受けることが多いため、初めて、過去の解決内容を集約してみました。

以下は、弁護士八木倫夫が担当し、平成21年から28年3月までの時期に、示談(訴訟前和解)又は裁判(判決、訴訟上和解)により、医療機関側から一定金額の支払いを受けて終了した事案です。裁判まで行く事案は多くなく、下記20件中、裁判になったのは赤字の5件だけです。 →解決実績の頁をご覧ください。

1 弁護士八木倫夫の医療事故(医療過誤)への取り組み

原点は,検察時代に捜査に従事した薬害エイズ事件です。検事及び弁護士として,様々な医療事故事件に携わりましたが,医療事故の分野で司法が十分機能していない実態に鑑み,力を入れています。目的は,争うことではなく,真相解明,被害救済,医療の改善です。

2 医療事故に遭ったらどうすればよいか

・結果が悪いから過失ありとは限らない

・事実解明が基本,病理解剖,医師から説明を受ける,カルテの写しを請求

・弁護士に相談,示談交渉,和解,訴訟

・どこで気持ちの区切りをつけるか,一番大事なことは気持ち      詳しくはこちら

TOP医療事故の基礎知識 医療事故の解決に要する費用と賠償額 医療事故解決の実例 Q&Aリンクサイトマップサイトポリシーお問い合わせ


Copyright(C)2014 大阪の医療事故(医療過誤)弁護士緑風法律事務所 All rights reserved