新着情報

 医療事故インフォメーション

アルカミドの合併症による美容医療事故を提訴(平成30年9月3日)

あさひ美容外科で「アルカミド」というフィラー(ゲル状の充填剤)を頬に注入する美容医療を受けた女性に感染症が発症し、アルカミドの存在により、治療困難となり、5か月かかって感染症は治療できたものの、頬に顕著な傷跡、口の運動障害、頬の感覚障害等の後遺症が残った事案です。

アルカミド、アクアミドなどの非吸収性フィラー(体内で吸収されず、存在し続ける)は、しわ取りなどの美容整形の効果が吸収性であるヒアルロン酸などに比べて長く続くとされれいますが、その反面、腫脹、硬結、感染症、血流障害等の合併症のリスクが高く、かつ、フィラーが存在し続けるため、リスクが長年続き、しかも、発症した場合の治療が困難となる傾向があるとされています。

国内外で上記のような合併症が報告され、国内では、少なくとも顔面には使用しない美容外科が多いのですが、利潤が高いため、あさひ美容外科等の一部の美容外科が、その危険性を説明しないまま使用を継続しており、非常に問題です。

美容医療の関係者からは、同様の被害は多発しているが、美容医療の特殊性から、被害を公にしたくないため、少額の和解で解決するケースが多いと聞いています。

具体的な情報をお持ちの方はお知らせ願います。

同種被害に遭われた方は、ご相談を承りますので、ご連絡下さい。

弁護士八木倫夫の医療事故への取組み

原点は,検察時代に捜査に従事した薬害エイズ事件です。検事及び弁護士として,様々な医療事故事件に携わりましたが,医療事故の分野で司法が十分機能していない実態に鑑み,力を入れています。目的は,争うことではなく,真相解明,被害救済,医療の改善です。

医療事故の真相解明及び解決のためには、専門医の協力が不可欠であり、一般の多くの弁護士は、ここから前に進めなくなります。医療事故を多く扱う弁護士は、専門医の紹介を受けるルートを持っていますが、それでも、複数の医師、複数の診療科目となると困難です。

弁護士八木の最大の強みは、長年の医療事故実務の過程で形成した多数の医師の方々との人脈です。多くの事案で、複数の医師の助言・意見をお聞きしながら、調査や裁判を有利に進めています。

医療事故のご相談について

ご相談の電話を受けた際、多くの方から質問を受け、お話している内容です。

医療事故専門なんですか・・・医療事故だけをやっているわけではなく、刑事事件など、色々な事件を扱っていますが、医療事故をたくさん扱っています。

医療事故に詳しいのですか・・・はい。詳しいです。たくさん経験してきましたから。

刑事告訴もされているのですか・・・はい。医療事故で刑事にできる事案はわずかですが、やっています。

医療事故を担当している弁護士は何人おられるのですか・・・私1人です。

1人で大丈夫ですか・・・関係ありません。訴状に何人名前があっても、担当しているのは1人か2人です。規模が大きな事件は、知合いの弁護士に声をかけて弁護団で取り組みます。

御本人が医療ミスと考えておられる内容を細かに話され、一段落したところで・・・電話だけではとても無理ですので、日程調整の上、出来れば、時系列のメモを作って、おいで下さい。

裁判にできますか。勝てますか・・・カルテを見て、協力医の意見も聞かなければ判断できませんが、殆どの事件は、和解で解決するか、調査だけで終了しており、裁判までいくのはごくわずかです。裁判で勝てそうな事案は、和解が成立し易いです。よく調査してから示談交渉を始め、裁判するかどうかは、示談で解決できない場合に、改めてご相談して決めます。

平日の日中は仕事で行けないのですが・・・事前に日程調整していただければ、夜間や土曜日も対応できる場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

TOP医療事故の基礎知識 医療事故の解決に要する費用と賠償額 医療事故解決の実例 Q&Aリンクサイトマップサイトポリシーお問い合わせ


Copyright(C)2014 大阪の医療事故(医療過誤)弁護士緑風法律事務所 All rights reserved